カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「腰痛 原因 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

肥満になると腰痛になりやすい

こんにちは May です。

腰痛改善バイブルへようこそ!

今回は、ちょっと耳の痛いお話ですが、、、、




肥満気味の方で、腰痛に悩まされている方が沢山いらっしゃいます。
なぜなのでしょうか?

肥満でなくとも、腰は上半身の重さを支えながら、下半身の動き
をサポートしているので、立っているだけでも負担はかかります。
ですので、体重が増えると腰にかかる負担は明らかに増加します。

肥満の人は、お腹を突き出して後ろに反り返る姿勢になる傾向
があり、体の重心が前に移動してしまいます。
そのため腰椎のカーブが強くなり、自然な背骨の形状を妨げることになり、
椎間板などに大きな負担がかかります。

このように背骨に負担がかかり続けると、腰の筋肉が硬くなり、
血行不良を起こし、神経が圧迫されてしまう為に、腰痛が起り易
くなるそうです。

出ました!腰痛原因の定番の

腰痛 = 血行不良  ですね。


肥満でもそれを支えることが出来る筋肉があれば問題はない
のでしょうが、肥満の方の多くが運動不足によって起こる肥満で、
筋肉も弱くなっている場合がほとんどです。

肥満気味の人は、ウォーキングなどの運動を取り入れるとよい
でしょう。 ポイントは毎日少しずつでよいので、継続する事です。

上手にウォーキングで腰痛改善

また、バランスの取れた食生活をすることも大切ですね。

今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいので
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ポチット応援して頂ければ嬉しいです!






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

片側だけの腰痛は何故起こる?

こんにちは Mayです。

腰痛改善バイブルへようこそ!




世界中で腰痛持ちは沢山いますが、その症状は千差万別です。
前かがみになるのがつらい人もいれば後に反らせるのがつらい人
もいます。
背中全体に痛みがある人、右側だけが痛い人、鈍痛から動く事も
出来ないほどの激痛、筋肉の表面が硬くなっている場合があれば、
体の中心部の筋肉が硬くなっている場合もあります。

私の場合は、腰の下の方全体が痛い感じ(鈍痛)がするのですが、
マッサージをしてみるといつも、右側のほうが痛みが大きいことが
分かります。

では、腰の片側だけが痛くなってしまうのは何故でしょう。

人間の身体は左右対称ですが、実は左右対称には使っていないこと
が多いのです。利き腕があれば利き脚もあり、どちらか一方の筋肉
ばかり使ってしまっている場合は片側だけに痛みがでてきます。
どちらか片方だけがだるくなったり、痛みがでるという場合は、
体が傾いているという証拠だそうです。

これらが片側だけの腰痛の原因のうちの一つだと言われています。

でも、私はもう長年にわたり月に一回カイロプラクティックに通っているので、
骨格のバランスは崩れていない(傾いていない)と思うので、
きっと知らず知らずのうちに片側の筋肉をよく使っているのでしょうね。
筋肉の使い方にも癖というのがあるということを、フィジオセラピーの
先生がおっしゃってました。


どちらか片側だけの腰の痛みの場合はストレッチなどで、両サイドの
わき腹付近をのばせば効果的と言われています。
簡単にどこででもできる腰痛ストレッチを一つ挙げておきますね。

腰の右側がだるい場合は、まず、両手を頭の上に組んでゆっくりと
左側に体を倒して、右の腰からわき腹辺りをのばします。
左側がだるい時は同じようにして、今度は右側に倒します。

これだけのことなのですが、少しは楽になるかと思います。
決して無理をして痛く感じるまで体を倒しすぎないように、
注意をして下さいね。
このようにして、筋肉の緊張とゆがみをとっておくとよいでしょう。

今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいので
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ポチット応援して頂ければ嬉しいです!





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

腰痛とあぐらは相性悪し

こんにちは、May です。

腰痛改善バイブルへようこそ!




なぜ、若い人達の腰痛持ちが増えているのでしょうか?
その原因のひとつとして指摘されているのが、洋風化した生活です。

畳に正座することが減り、椅子に座る暮らしになったことが、
足腰を弱くしているからなのです。若い人でも腰痛を患っている
のはこういう事情が背景にあります。

腰痛になった場合、日常生活で気をつけたいのが、実は、

あぐらをかかないこと

なんです。

私のように椅子の上であぐらをかいたりする人、意外と多いのでは
ないでしょうか?(汗)

ではなぜ、腰痛持ちの人は、あぐらをかいてはいけない
のでしょう。

あぐらをかくと弾性体で出来ている背骨の椎間板の内圧が高まり
負担をかけてしまうからだそうです。

内圧が一番低いのは、寝ている時、その次に、直立している時、
そして、正座している時と続きます。

あぐらをかいているときの椎間板の内圧は、椅子に腰掛けている時
の次に高くなっています。

正座しているときは骨盤が一番正しい位置にあるため、腰痛の
人が「一番ラクな姿勢は、正座をしている時です。」と言う訳が
よく分かります。

しかし、正座は腰にはよいのですが、膝に負担がかかるので
長時間、正座はできません。

そういう場合は、座椅子を利用することをお薦めします。


今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいので
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ポチット応援して頂ければ嬉しいです!






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

腰痛の原因は枕??

こんにちは May です。

腰痛改善バイブルへようこそ!

以外な物が腰痛原因になりえるってことを知りました。
もしかして、それが貴方の原因不明の腰痛の理由かもしれません。

それはなんと、枕です。。。




枕の高さや当て方が腰痛だけでなく、肩こりも関係しているといわれています。
寝方によって、枕の高さが違うそうで、
基本的に仰向けで寝る方は低め、そして、横向きで寝る方はやや
高めの枕をすれば良いそうです。

では、枕が高すぎるとどうなるのでしょうか?
高い枕で眠ると首の骨が、不自然に曲がったりして負担がかかって
しまい、背骨や腰椎まではわん曲してしまいます。
このように首が不自然に曲がった状態で寝ると、血管や神経が
圧迫されてしまい、血行を妨げたり、脳幹にストレスがかかります。
それが毎日続くと、徐々にゆがんでいき、腰痛や肩こりの原因と
なるのです。


その逆で、枕をしなかったり、枕が低すぎたりする場合は、
どうなるのでしょうか。

頭が下がったり、反らせたような状態になり、頚椎に負担が
かかってしまいます。また、頭が下がってしまう為、顔のむくみ
の原因にもなることもあります。

頸椎のカーブにぴったり合った高さの枕を選べば安眠ができる上
に、腰痛や肩こりが緩和又は、解消されることもあります。
デパートや百貨店の枕売り場では、ためし寝もできるところが
沢山あるので、そういうところで、素材や高さ、かたさなども
チェックすることをお薦めします。

今回は枕が腰痛の原因でしたが、腰の痛みが楽になる寝方についても
触れてみたいと思います。

今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいのでよろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ポチット応援して頂ければ嬉しいです!


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

危険!腰痛の後ろに隠れたうつ病

こんにちは、May です。
いかがお過ごしでしょうか?

腰痛改善バイブルへようこそ!

今日はなんと、腰痛だと思っていたら実はうつ病を患わって
いたという、そんなこともあるんだーーの話です。





うつ病は脳の神経伝達物質などに異常がおこってしまった状態の
ことをいいます。

うつ病の中でも腰痛や頭痛など身体の症状が主なものは仮面うつ病
と呼ばれるそうです。仮面うつ病とはちょっと変わった名前ですが、
テレビや雑誌で目にしたことがある方もいらっしゃるのではない
でしょうか?

「仮面うつ病」とは精神症状よりも食欲不振や睡眠障害、腰痛や
肩こりなどの身体症状の方が強く出てくるうつ病の一種です。

うつ病というと、本来精神症状が目立ちますが、それが身体症状
という仮面に隠れてしまったことからこの名前がついたらしいです。
脳の神経伝達物質などの異常の為、、痛みの記憶情報が誤って
書き換えられて伝達されている状態なのかもしれません。

腰痛、肩こり、睡眠障害などの身体症状ばかりに気をとられて、
自分がうつ病であることなど気づくことはまずありません。
医師でさえも、このようなうつ病を見逃してしまうという、
ケースは多々あるそうです。


もちろん、精密検査をを行っても当然に異常は見当たりません。
症状が回復せず続くようであれば、念のために神経科や精神科
での診断を受けてみてはどうでしょうか?
もしかして、、ということもあり得ます。

重度の腰痛、またはうつ病に進行してしまう前に、できるだけ早
く専門医の治療を受けることが大切ですね。

今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいのでよろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ポチット応援して頂ければ嬉しいです!


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。