スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

腰痛に効く温泉 山形/福島編

こんにちは May です。
腰痛改善バイブルへようこそ!

今回は山形県と福島県にある腰痛に効く温泉を紹介したいと思います。
ちなみにこれまでに、ご紹介してきた腰痛に効く温泉はこちらです。

→温泉、腰痛に効くのはなぜ?

腰痛に効く温泉 北海道編

腰痛に効く温泉 青森/秋田編

腰痛に効く温泉 石川―岩手編 なんと美肌効果も!



腰痛に効く温泉シリーズ、けっこう増えてきましたね~!
では、早速今回は 山形県からです。

[いい気分(温泉)] 碁点温泉(ごてんおんせん)

最上川のほとりに湧く温泉

 山形県のほぼ真ん中に位置し、江戸時代には羽州街道の宿場として栄えた村山。
市の中心部には最上川が流れ、松尾芭蕉が「奥の細道」に記した最上川三難所もここ村山にある。
日本三大急流の一つである最上川のほとりに湧く碁点温泉。
この温泉を利用して、昭和57年、全国でも最初の本格的クアハウスが誕生。
運動、温泉、リラックスを目的に総合的な健康増進保養施設としてスタートした。
泉質は、ナトリウム・カルシウム - 塩化物温泉で広範囲の効能を持ち、温まりやすく、冷めにくいと評判。

●泉質:塩化物泉
●効能:冷え性、きりきず、やけど、関節痛、筋肉痛、腰痛、打ち身、捻挫、婦人病、皮膚病、リウマチ
●特徴:バーデ―ゾーンに広がる10種類に浴槽にはぞれぞれの効果があり、
ご自身の目的に合わせて入浴できます。また屋外には温泉を使ったプールもあり、一年通してご利用頂けます。
屋外スパプールの水温は通年で37度前後で、屋内には水着着用で入るジャグジーやサウナも完備しています。
●住所:村山市碁点1034-7

腰痛に効く温泉 碁点温泉へ行ってみる!

そして、ここからは福島県です。

[いい気分(温泉)] 湯野上温泉(ゆのかみおんせん)

茅葺き屋根の駅舎が出迎える渓谷の温泉

奥会津から会津若松に流れる大川渓谷に抱かれた山あいの温泉地。
会津鉄道「湯野上温泉駅」に到着すると、まずは茅葺き屋根の駅舎が出迎えてくれる。
素朴な民家や民宿、落ちついた佇まいの旅館が混在する温泉街が、
山間渓谷の風景に見事に溶け込む。
さらに歩を進めれば、会津西街道の宿場町の街並みをほとんど残す「大内宿」。
まるで、江戸時代にタイムスリップしたような気分になれる。
周辺には、約100万年の浸食作用が生み出した奇観の断崖「塔のへつり」、
山肌のすき間から冷風が吹き出す不思議な「中山風穴」、野鳥や草花の宝庫
「観音沼森林公園」など、見応えのある自然スポットが満載。
東武特急のJR新宿駅乗り入れが実現して、東京都心よりますます手軽に楽しめるように
なったのも嬉しい。
歴史と自然の営みに驚嘆しながら、歴史深き名湯にゆっくりと身を委ねる。
日常の喧騒を離れ、時を忘れて過ごしたい。

●泉質:アルカリ性単純泉
●効能:神経痛、関節痛、筋肉痛、腰痛、婦人病、冷え性、気管支炎、美肌など
●特徴:「猿湯」「上ノ湯」「姥湯」「舘ノ湯」など、那須火山帯に端を発する8か所の源泉が点在する温泉。
中でも「猿湯」は奈良天平の頃、棟梁争いに敗れた猿が満身創痍を癒すべく川原に湧き出る湯に浸かっていたところを村人が見つけたという開湯伝説が残る古湯だ。54~60度で湧き出すpH値8.2のアルカリ性単純泉は、
スルスルとした感触が特徴。皮膚の古い角質層を落としてくれるので、美肌や疲労回復の効能があるとか。
川原に突き出した無料の露天風呂もあり、渓流沿いの雄大な自然の中、
川音を聴きながら愉しむ湯浴みは開放感抜群だ。
●住所:南会津郡下郷町湯野上 

腰痛に効く温泉 湯野上温泉へ行ってみる!

まだありますよ~!

[いい気分(温泉)] 熱塩温泉(あつしおおんせん)


禅寺から湧き出る熱くて塩からい子宝の湯

源泉が湧き出る古刹「示現寺」を中心にひっそりと佇む温泉地。
門前には、掘っ立て小屋のひなびた風情が印象的な「下の湯共同浴場」が建ち、
熱くて塩辛い熱塩の湯を掛け流しで楽しめる。
さらには、山に囲まれた狭隘な土地に肩を寄せ合うように軒を並べる足湯小屋と湯宿。
少し足を伸ばせば、初夏には薄紅色の花を咲かせるヒメサユリの群生地や
、秋には紅葉も美しい大自然が広がる。
2,000をこえる蔵の街、ラーメンの街、造り酒屋の街と多彩な趣をもつ“喜多方の奥座敷”。
かつて喜多方との間を旧国鉄「日中線」が走っていたが、昭和59年(1984)に惜しまれつつ廃止された。
線路跡には、遊歩道や「熱塩駅」の駅舎、蒸気機関車などの遺構が残っており、
たどって歩けば感傷的な気分が込み上げてくる。
●泉質:食塩泉
●効能:神経痛、リウマチ、筋肉痛、肩こり、腰痛、婦人病、冷え性、不妊症、糖尿病、美肌
●特徴:温泉の歴史は古く、600年ほど前に名僧源翁禅師が、子をはらんで苦しむ大蛇を
鎮めた際に湯が湧き出てきたとか、愛用のアカザの杖を突き刺した所に湯が湧き出たなど、
いくつかの開湯伝説が伝わる。
今も禅宗の古刹「示現寺」境内からは64~72度の豊富な湯が湧き出ており、
文字通り熱く体が浮き上がるほど塩分が強いのが特徴。
この強い塩分が皮膚の毛孔をふさぎ、体をよく温め湯上り後も肌がサラサラと評判だ。
婦人病への効能も高く、発見の由来とあわせて「子宝の湯」としても有名。
温泉街の入り口には子育て地蔵が祀られており、
実際に子供を授かったお礼に再び訪れる人の姿も見られる。
●住所:喜多方市大字熱塩

腰痛に効く温泉 熱塩温泉へ行ってみる!

[いい気分(温泉)] 羽鳥湖温泉リゾート(はとりこおんせん)

国内有数のpH9.8を誇るアルカリ泉質が自慢

標高700mにある羽鳥湖高原に湧く羽鳥湖温泉は、一大リゾート地となっている
レジーナ内に建てられた温泉施設。東京ドーム42個分の広さを誇るレジーナの森では、
森林の中をサイクリングしたり、湖畔を散策するなど、自然に親しむことができる。
天然温泉「彩光の湯」では、内風呂、露天風呂、サウナの2種類が楽しめる。
pH9.8を誇る国内有数のアルカリ泉質で、美肌効果もあり、入浴後は
つるつるスベスベの肌を実感できる。
また、春は山菜、夏は避暑地、秋は紅葉、冬はスノースポーツといった
四季を通して楽しめるリゾートとなっている。

●泉質:単純泉
●効能:疲労回復、神経痛、筋肉痛、肩こり、腰痛、ストレス解消、便秘、神経まひ
 リウマチ性疾患、健康増進、美肌効果
●特徴:男女ともに内風呂、露天風呂、サウナをご用意。
和モダンのしゃれたインテリア、そして緑あふれる木々をいたるところから眺められる設計で、
極上の癒し空間を演出しています。
アルカリ泉質でお肌がしっとりつるつるになると評判です。
●住所:岩瀬群天栄村羽鳥湖高原

腰痛に効く温泉 羽鳥湖温泉へ行ってみる!

どこの温泉も魅力的で、日本縦断温泉巡りツアーでもやってみたいものです。
夢のようなツアーですが、ツアーの最終日には腰痛が随分と改善されてそうですねー。


今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
このブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

ランキングに参加しています。ポチット応援して頂ければ嬉しいです!










スポンサードリンク

スポンサードリンク

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。