スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

肝臓が引き起こす腰痛は恐ろしい

こんにちは、Mayです。

腰痛改善バイブルへようこそ!


突然ですが、腰痛と肝臓は、実は関係が深いという事実をご存知ですか?





以前の記事で腰痛とすい臓、胃などの関係を少しとりあげました
が、内臓が病気になると腰痛が発生することも珍しくありません。
内臓からくる腰痛というやつです。。

胃痛が腰痛をひきおこす?

過度のアルコール摂取は腰痛の原因

内臓疾患による腰痛の中でも特に肝臓が悪くて腰痛になった場合は、
深刻な問題となる可能性があります。

肝臓の疲れは体の歪みにつながると言われています。
肝臓の疲れや緊張が、肩や手足、腰、顔などに伝わり
肩こり・腰痛をはじめとした症状の土台になっていくらしいです。

しかし、肝臓は、別名「沈黙の臓器」と呼ばれ、少々ムリをしても
直ぐには兆候を出しません。
その肝臓がダメージをうけて腰痛という形で表に現れたのなら、
肝臓が相当弱っており、最悪の場合ガンや肝硬変の恐れもあります。

じっとしていても腰のあたりがズキズキと痛い場合、そしてその
痛みが一日中、一週間と続くようであれば、内臓の悪性腫瘍の疾患
などで、腰痛になっている可能性があるかもしれません。

いつまでも我慢していると、手遅れになってしまいます。
できるだけ早くお医者さんに相談しましょう。

今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいので
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ポチット応援して頂ければ嬉しいです!





スポンサードリンク

スポンサードリンク

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。