スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

過度のアルコール摂取は腰痛の原因

こんにちは Mayです。

腰痛改善バイブルへようこそ!


お酒の飲みすぎで腰痛に!というなんとも人事とは思えない
記事がAll About に掲載されていました。







「お酒がきっかけになる腰痛は、一般的に「腰痛」といわれる
ぎっくり腰や腰の筋肉疲労などとは、症状が異なります。
この痛みは腰だけではなく、背中や肩辺りの痛みとして感じる
こともあります。しかも、最も痛む部位は腹部(みぞおちが多い)
ですので、腹痛を伴う腰・背部痛ということになり、これは耐え
難い症状となります。」

あ、分かった。アルコールだから、肝臓でしょ!

って思いがちですが、実はその腰の痛みはアルコールにより、
すい臓に異常がおきて、すい炎という
病気になってしまった為におこるとのことです。

過度の飲酒や、度の高いアルコールで、膵液の通り道の出口が腫れて
炎症をおこしてしまい、膵液が流れなくなり膵臓の中にたまってしまう
ようになってしまいます。
そのたまってしまった膵液がなんとも危険なもので、
なんとその膵液が膵臓自身を消化してしまうそうです。
それが、アルコールが原因の膵炎です。

「すい臓の位置が、胃の裏側で胃と背骨に挟まれたような体の
深い位置にあるため、臓器による痛みが周りの神経を刺激して
腹部の激痛に加え、腰や背中が痛んでいるように感じられるのです。」
All about お酒の飲みすぎで腰痛に!

痛みはや背中や腰に抜けるような放散される痛さ、と表現される
らしいです。

既に慢性の腰痛持ちとしては、お酒を飲むのが怖くなってしまいますが、
じゃあ、いったいどれくらい飲んだら、過度になるの?どれくらいならいいの?
と思ってしまいますが、

「10年くらいにわたり1日に100グラム以上のアルコールを連日
飲み続けた場合に、発症率が高くなる」 ということです。

慢性膵炎は腰や背中の鈍痛が続くようなので、まさか膵臓が
やられているなんて思いもよりませんよね。

お友達と飲みながら、最近どうも、慢性の腰痛みたいでさーー
なんて言いながら、さらに飲み続けるとやばいですよね。。。

このお酒が原因の膵炎は女性より男性の方の発症率が高いそうですので、
特に男性の方で30代40代の方は気を付けて下さいね。

お酒は百薬の長といわれますが、飲み方しだいで悪い物にもなって
しまいますね。お酒の飲み方には気をつけたいものです。


今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいので
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ポチット応援して頂ければ嬉しいです!





スポンサードリンク

スポンサードリンク

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。