スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

腰痛の原因は枕??

こんにちは May です。

腰痛改善バイブルへようこそ!

以外な物が腰痛原因になりえるってことを知りました。
もしかして、それが貴方の原因不明の腰痛の理由かもしれません。

それはなんと、枕です。。。




枕の高さや当て方が腰痛だけでなく、肩こりも関係しているといわれています。
寝方によって、枕の高さが違うそうで、
基本的に仰向けで寝る方は低め、そして、横向きで寝る方はやや
高めの枕をすれば良いそうです。

では、枕が高すぎるとどうなるのでしょうか?
高い枕で眠ると首の骨が、不自然に曲がったりして負担がかかって
しまい、背骨や腰椎まではわん曲してしまいます。
このように首が不自然に曲がった状態で寝ると、血管や神経が
圧迫されてしまい、血行を妨げたり、脳幹にストレスがかかります。
それが毎日続くと、徐々にゆがんでいき、腰痛や肩こりの原因と
なるのです。


その逆で、枕をしなかったり、枕が低すぎたりする場合は、
どうなるのでしょうか。

頭が下がったり、反らせたような状態になり、頚椎に負担が
かかってしまいます。また、頭が下がってしまう為、顔のむくみ
の原因にもなることもあります。

頸椎のカーブにぴったり合った高さの枕を選べば安眠ができる上
に、腰痛や肩こりが緩和又は、解消されることもあります。
デパートや百貨店の枕売り場では、ためし寝もできるところが
沢山あるので、そういうところで、素材や高さ、かたさなども
チェックすることをお薦めします。

今回は枕が腰痛の原因でしたが、腰の痛みが楽になる寝方についても
触れてみたいと思います。

今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいのでよろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ポチット応援して頂ければ嬉しいです!


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ぎっくり腰の予防方法とは?

こんにちは Mayです。

腰痛改善バイブルへようこそ!

前回ぎっくり腰のお話、「ぎっくり腰の応急処置は温める?冷やす?」をした時に、
ぎっくり腰の予防方法について、書くとお約束したので、
今回はぎっくり腰の予防についてです。



ぎっくり腰は、なった人にしか分からない痛みですが、
誰にでも起こり得る怖いものなのでできるだけ、避けたいところですよね。

ぎっくり腰の予防、どんな方法があるのでしょうか?

ぎっくり腰予防の1番のポイント

腰部の血流を良くすること!です。

何故?それは、

ぎっくり腰になるキッカケや、部位はいろいろありますが、
腰を支える働きが低下している時が一番危険なのです。

腰を支える働きが低下してくると、自ずと腰部がそれを補おうとして
負荷がかかってきます。
そうすると腰の筋肉が緊張して血行が悪くなってしまうのです。

ぎっくり腰の予防=血行不良の改善となります。

では、血行不良を改善するにはどうすればいいのか?

同じ姿勢を長時間キープしないようにしましょう。
一日中立ち仕事の方、デスクワークなどで座りっぱなしの方、
同じ姿勢で長時間いると筋肉疲労、筋肉への血行不良を起こしてしまいます。
息抜きも兼ねて、できるだけ小まめにストレッチや体操で、
心も身体もリフレッシュさせてあげて下さい。

ぎっくり腰予防の第二のポイントは、

腰の負担を軽くする為に、膝を上手につかいましょう。

先ほどの立ち仕事の方でそんなにしょっちゅう休憩が取れない!
という方などは、高さ約15cmぐらいの台や箱を探してください。

それに、片足を乗せて、片方の足の膝と股関節を軽く曲げるような姿勢を取ります。
それを交互に行うと、腰に負担が掛かりにくくなるので、おすすめです。

立ち姿勢時以外でも、膝を使ってぎっくり腰を予防することはできます。
庭仕事や床の拭き掃除などの低い姿勢の時は、床や地面に膝をつける格好
で作業をすると腰の筋肉や関節への負担が軽くなります。

膝を床につける姿勢の時は、膝を守る為に膝パッドなどを着けると
随分と楽に作業ができますよ!


今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいのでよろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ポチット応援して頂ければ嬉しいです!


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

妊娠中の腰痛に効果的なストレッチ

こんにちは May です。
 
腰痛改善バイブルへようこそ!

前回は妊娠時の腰痛について少しお話ししました。
妊娠時の腰痛の改善にはマタニティーヨガや、ストレッチが効果的です。
でも、妊娠初期の4~5か月頃まではやめておいたほうが良いと思います。

私もいつも、ヨガやってみたいなぁなんて思ってたので、マタニティーヨガで
ヨガデビューなんて思いましたが、、結局やらずじまいでした。
今でも興味はあって、いつかは~なんて思ってるのですけどね。。。

今回は、妊娠時の腰痛にお勧めのストレッチを紹介しますね。

妊娠中に自宅で出来る腰痛解消のストレッチとしては、手と膝を
地面について四つんばいになり、ゆっくりと両手を前に滑らせていき、
猫が伸びをしているようなポーズをとると効果的です。
あまり、無理しないように、その体勢で約10秒ほど保ちます。
これを、数セット、負担にならない程度行います。
腰痛がつらい場合は試してみましょう。

旦那さんや、おうちの方と二人一組でできるストレッチもあります。

向かい合って、それぞれ肩幅くらいに両足を広げて下さい。
そして、お互いの肩に両手を置き、ゆーっくりと息を吐きながら、
体を前に倒しながら背筋を伸ばしていきましょう。

決して無理をないように、背筋が伸びて気持ちいいと感じるぐらいで
十分です。そして、ゆっくりと態勢を起こします。
それを、何度か繰り返すといいでしょう。

妊娠中の腰痛は腰への負担をかけないことが第一です。
ストレッチが上手くできない、心配だと言う場合は、マ
タニティスイミングのクラスに参加するのがお薦めです。
スイミングは水の浮力で、腰への負担がかかり難く、体力をつける
為だけでなく、腰痛の緩和に効果的な運動とされています。
マタニティースイミングは腰痛ではない妊婦さんにとっても、
おすすめできます。

その他に、病院で推奨しているような、妊婦さん用の帯や
サポートベルトなどを利用することで、関節の不安定性を
サポートし、腰痛予防や腰の痛みの緩和に効果的ですよ。

近いうちに妊婦さんのできる腰痛ストレッチの動画を紹介
しようと思います。


今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました!

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいのでよろしくお願いします。





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

妊婦さんの腰痛の原因はホルモン

こんにちはMayです。

今日も腰痛改善バイブルを読んで頂きありがとうございます。




さて、今日は妊婦さんと腰痛です。私の場合はもともと腰痛持ちなので、
妊婦になりさらに腰の痛みがひどくなり大変でした。。

妊婦さんが腰痛になるという話は有名です。

何故、妊婦さんは腰痛持ちになりやすいのでしょう?
実は 妊婦さんの腰痛の原因は、妊娠に伴うリラキシンという、
ホルモン分泌の影響によるものと言われています。
リラキシンは、骨盤の靭帯を緩ませ、赤ちゃんがスムーズに狭い
骨盤を降りてくることができるように作用します。

靭帯は関節を支えていますが、この靭帯がホルモン分泌により、
骨盤の靭帯が緩むと支えが不安定になり、その周囲の筋肉が硬
く緊張してしまいます。
骨盤周囲や腰部、股関節に関わる関節が不安定になることが、
腰痛の発症の原因と考えられています。

リラキシンは、妊娠初期から分泌されるため、お腹が大きくない
妊娠初期にも、腰痛を起こす可能性があり、つわりの一種とも
いわれています。
骨盤の靭帯が緩み、支えが不安定になり、筋肉が硬く緊張して
いる上に、お腹が大きくなることで重心が変化し、筋肉の疲労を
回復しにくくしたり、関節への負荷が強まり、妊娠が進むにつれ、
腰痛がひどくなったりします。

腰痛の他にも、お尻の痛みや足の付け根、太ももの方へのしびれ
などが出る場合もあります。

妊娠時の腰痛は、なんとホルモンが原因だったとは当時は全然
知りませんでした。

次回は妊娠中の腰痛ストレッチについて書いてみたいと思います。

↑アップしました。 妊娠中の腰痛に効果的なストレッチ

今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました!

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいのでよろしくお願いします。





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ぎっくり腰の応急処置は暖める?冷やす?

こんにちは Mayです。

腰痛改善バイブルへようこそ!




今回も前回に引き続き、ぎっくり腰がテーマです。
ぎっくり腰になってしまった時の対処法について書きたいと思います。

前回のお話→ ぎっくり腰は魔女の一撃!

ぎっくり腰の応急処置は暖めればいいの?冷やせばいいの?
迷いますよね?

一般的な急性腰痛症(ぎっくり腰)は、炎症による痛みが強いことが多いので、
すぐに痛みを治める、ということは難しいのですが、緩和させる処置はあります。

ぎっくり腰は暖めたほうがよい、冷やした方がよいといろいろ言われていますが、
炎症の痛みを抑え緩和させるためには、なるべく早めに患部を冷やすことが一番です。
そうすると、血管が収縮する為、痛みが和らぎます。

発熱の際に使われる、アイスパック、変容タイプの冷却枕、また、氷嚢や水を
くぐらせた氷を数個ビニール袋に入れたものを用意します。
直接冷やすと皮膚を傷めてしまう恐れがありますので、ハンカチを巻いたり、
タオルを介するなどして、痛めた部分を約10分程冷却します。

外出中の場合は、コンビ二やドラッグストアなどで、氷とハンカチ、
またはタオルを購入するとよいでしょう。
冷湿布や、発熱用冷却シートで、痛みの感覚をやわらげるという手もあります。

人に手伝ってもらったり、這うなどして、安全な場所へ移動し、
横になり安静にします。
どうしても横になれない場合は、壁や安定性のあるものによりかかったりして、
なるべく体の力が抜ける状態にし、安静にしましょう。

今回はぎっくり腰になってしまった時の対処法でしたが、ぎっくり腰にならないに
こしたことはありませんよね。
ぎっくり腰の予防方法についてもまた近いうちに書こうと思います。

↑アップしました。 「ぎっくり腰の予防方法とは?」

今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました!

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいのでよろしくお願いします。



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ぎっくり腰は魔女の一撃!

こんにちは、Mayです。
いかがお過ごしですか?

腰痛改善バイブルへようこそ!





今回はあの、恐ろしいギックリ腰がテーマです。

ぎっくり腰というのは重い物を持った時や、顔を洗おうと中腰になったとき、
くしゃみなどをきっかけとして突然腰に急激な痛みが襲う腰痛のことを言います。
多くは数日から数週間で良くなっていきます。

脊髄の一部を構成する腰椎に、負担がかかって炎症を起こすために起こる
と言われていますが、実はぎっくり腰の確かな原因は良く分かっていません。

重い物を持ち上げる際などに、急に腰を捻る動作によって発症します。
腰がその負荷に耐えられず、何らかの形で身体に支障をきたし、
痛みが生じるようです。

ぎっくり腰はよく使われる言葉ですが、正式な病名ではなく、
急性腰痛症の通称としてよく言われる言葉で、整形外科的には
腰椎捻挫(椎間関節捻挫)と診断されます。


「ぎっくり」という音がその症状を良く表しています。
びびっと電気が走ったようと表現する人もいます。
ぎっくり腰と言っても痛める場所は人によって違ってきますが、
痛めやすい場所の傾向としては腰椎が多いようです。

他には、びっくり腰などとも一部の地方では呼ばれるそうです。
また、北米のほうでは魔女の一撃などとも呼ばれるそうです。
魔女の一撃だなんて、なんとも恐ろしい名前ですが、ギックリ腰を
経験したことのある人には納得のいく名前かもしれませんね、、f^_^;

ぎっくり腰にはなりたくはないですが、ぎっくり腰になってしまった時の
為の応急処置についても書いて行きたいとおもいます。

↑アップしました。 「ぎっくり腰の応急処置は温める?冷やす?」


今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいのでよろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ポチット応援して頂ければ嬉しいです!


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

腰痛改善、予防の基本はいたって簡単!

こんにちは May です。

腰痛改善バイブルへよえこそ!

腰痛の予防や改善に効果的な、腰痛体操やストレッチなどがありますが、
第一の基本は、正しい姿勢をとることでしょう。
正しい姿勢で過ごすことを心がけないと、腰痛が改善しても直ぐに
また腰が痛くなってしまいます。

私自身が腰痛の改善、予防の為にやっていることは、毎日の簡単なストレッチ。
そして、月に1回カイロプラクティックへ行き、骨の歪みを正してもらっています。
このセットが結構効果を発揮しているように思うので、オススメです。

腰痛の予防や改善の重要なポイントは、いかに、筋肉や背骨の負担を
軽くしてあげれるかということです。
正しい姿勢を続けると、腰にかかる負担が少なくなり腰の痛みが軽減されます。
ですので、腰痛の改善や予防の為には、まず正しい姿勢を心がけることが
一番大切になります。

しかし、いくら姿勢をよくしていても、ずっと同じ姿勢でいると
腰に負担がかかってしまいます。
長時間の車の運転やデスクワークなどをする時は、必ず合間に少し休憩をとり、
終了後にはストレッチを行なって姿勢を整えるとよいでしょう。^_^

デスクワークや、車の運転などで長時間座っている事が多い方でしたら、
ストレッチの他に、入浴などで腰の筋肉を意識的にマッサージして
和らげるようにして、筋肉の緊張などをといてあげると、腰痛改善、
そして予防にも効果があります。

腰痛ストレッチについては、私のブログに腰痛ストレッチのカテゴリーがあるので
そちらも参考にしてみて下さいね。

カテゴリー/腰痛ストレッチ

今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいのでよろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ポチット応援して頂ければ嬉しいです!


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

危険!腰痛の後ろに隠れたうつ病

こんにちは、May です。
いかがお過ごしでしょうか?

腰痛改善バイブルへようこそ!

今日はなんと、腰痛だと思っていたら実はうつ病を患わって
いたという、そんなこともあるんだーーの話です。





うつ病は脳の神経伝達物質などに異常がおこってしまった状態の
ことをいいます。

うつ病の中でも腰痛や頭痛など身体の症状が主なものは仮面うつ病
と呼ばれるそうです。仮面うつ病とはちょっと変わった名前ですが、
テレビや雑誌で目にしたことがある方もいらっしゃるのではない
でしょうか?

「仮面うつ病」とは精神症状よりも食欲不振や睡眠障害、腰痛や
肩こりなどの身体症状の方が強く出てくるうつ病の一種です。

うつ病というと、本来精神症状が目立ちますが、それが身体症状
という仮面に隠れてしまったことからこの名前がついたらしいです。
脳の神経伝達物質などの異常の為、、痛みの記憶情報が誤って
書き換えられて伝達されている状態なのかもしれません。

腰痛、肩こり、睡眠障害などの身体症状ばかりに気をとられて、
自分がうつ病であることなど気づくことはまずありません。
医師でさえも、このようなうつ病を見逃してしまうという、
ケースは多々あるそうです。


もちろん、精密検査をを行っても当然に異常は見当たりません。
症状が回復せず続くようであれば、念のために神経科や精神科
での診断を受けてみてはどうでしょうか?
もしかして、、ということもあり得ます。

重度の腰痛、またはうつ病に進行してしまう前に、できるだけ早
く専門医の治療を受けることが大切ですね。

今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいのでよろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ポチット応援して頂ければ嬉しいです!


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

自分にあった腰痛ベルトの見つけ方

こんにちは Mayです。

腰痛改善バイブルへようこそ!

今回は腰痛ベルトのお話しです。

腰痛を緩和させる為には、ストレッチや体操などをする事が大切ですが、
そのほかに腰痛ベルトや骨盤ベルトなどの装具も上手に利用してみましょう。

これらのアイテムは、ドラッグストアなどをはじめ、通販や、
インターネットなどでもよく取り扱われており手軽に入手できます。
でも、種類が多すぎてどれがよいかわからない、というのが本音です。

ご自分に合ったサイズでなければ、痛い腰を効果的にサポートすることは
できませので慎重に選ぶことが大切です。
不安な場合は、整形外科を受診すると、体に合った腰痛ベルトを
処方してもらえるかと思います。

これらのベルトは大まかに2タイプにわかれています。
一つ目は、、幅が狭く、ウエストよりも下の位置である股関節や骨盤に
近いところを締めるように巻くタイプ。(骨盤ベルト)
そしてもうひとつは、幅が広く、ウエスト辺りを中心に巻くもの。(腰痛ベルト)

腰の痛みの場所を参考にしてみて下さい。

骨盤付近やお尻に痛みが出ている場合にお薦めするのは、幅の狭い骨盤ベルトです。
このベルトを締めると、安定感が得られることが多いです。

ウエストのくびれ付近や、それより少し上に痛みが出ている場合は、
幅の広いタイプの腰痛ベルトを選ぶとよいでしょう。


今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいのでよろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ポチット応援して頂ければ嬉しいです!


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

オフィスでできる簡単腰痛ストレッチ

こんにちは Mayです。
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

腰痛改善バイブルへようこそ!




前回は腰痛改善ストレッチについてお話ししましたね。

→腰痛ストレッチを行うベストタイミングは?

筋肉は動かさないと固まってしまいます。
筋肉は動かさなければどんどん硬くなっていきますが、
毎日ちょっとだけでもいいから動かせば少しずつほぐれていきます。
固まってしまった筋肉を元に戻すのは容易ではありませんので、
毎日少しずつでいいですから、継続するように頑張りましょう。

ストレッチをするのは、入浴後や運動をした後が最適なのですが、
今回は、仕事の合間にオフィスで簡単にできるストレッチ方法を紹介
しますね。

-腰痛ストレッチ1
イスに深く腰掛け、背筋・両腕・肘を充分に伸ばす。
息を吸いながら上半身をゆっくり後ろに反らせていく。
息を止めて5つ数えたら、息を吐きながら元の姿勢に戻す。


-腰痛ストレッチ2
イスに浅く腰掛けて股を開き、背筋を伸ばし、
息を深く吸い込む。
息を吐きながらゆっくりと、頭が両足の間に入るぐらいに
上半身を曲げ、5つ数えてゆっくりと上半身を戻す。
息を止めないように。


-腰痛ストレッチ3
イスに深く腰掛け、左ひざを両手で抱えて
胸につけるくらいにまでゆっくり、引き上げる。
5秒ほど保ったら、ひざを下ろす。 左右交互に行います。

これを1日に数回繰り返すと効果的ですね。
あくまでもストレッチであり、トレーニングじゃないので(笑)
リラックスできる程度でやって下さいね。


今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました!

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいのでよろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ポチット応援して頂ければ嬉しいです!


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。