カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ぎっくり腰 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ぎっくり腰の予防方法とは?

こんにちは Mayです。

腰痛改善バイブルへようこそ!

前回ぎっくり腰のお話、「ぎっくり腰の応急処置は温める?冷やす?」をした時に、
ぎっくり腰の予防方法について、書くとお約束したので、
今回はぎっくり腰の予防についてです。



ぎっくり腰は、なった人にしか分からない痛みですが、
誰にでも起こり得る怖いものなのでできるだけ、避けたいところですよね。

ぎっくり腰の予防、どんな方法があるのでしょうか?

ぎっくり腰予防の1番のポイント

腰部の血流を良くすること!です。

何故?それは、

ぎっくり腰になるキッカケや、部位はいろいろありますが、
腰を支える働きが低下している時が一番危険なのです。

腰を支える働きが低下してくると、自ずと腰部がそれを補おうとして
負荷がかかってきます。
そうすると腰の筋肉が緊張して血行が悪くなってしまうのです。

ぎっくり腰の予防=血行不良の改善となります。

では、血行不良を改善するにはどうすればいいのか?

同じ姿勢を長時間キープしないようにしましょう。
一日中立ち仕事の方、デスクワークなどで座りっぱなしの方、
同じ姿勢で長時間いると筋肉疲労、筋肉への血行不良を起こしてしまいます。
息抜きも兼ねて、できるだけ小まめにストレッチや体操で、
心も身体もリフレッシュさせてあげて下さい。

ぎっくり腰予防の第二のポイントは、

腰の負担を軽くする為に、膝を上手につかいましょう。

先ほどの立ち仕事の方でそんなにしょっちゅう休憩が取れない!
という方などは、高さ約15cmぐらいの台や箱を探してください。

それに、片足を乗せて、片方の足の膝と股関節を軽く曲げるような姿勢を取ります。
それを交互に行うと、腰に負担が掛かりにくくなるので、おすすめです。

立ち姿勢時以外でも、膝を使ってぎっくり腰を予防することはできます。
庭仕事や床の拭き掃除などの低い姿勢の時は、床や地面に膝をつける格好
で作業をすると腰の筋肉や関節への負担が軽くなります。

膝を床につける姿勢の時は、膝を守る為に膝パッドなどを着けると
随分と楽に作業ができますよ!


今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいのでよろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ポチット応援して頂ければ嬉しいです!


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ぎっくり腰の応急処置は暖める?冷やす?

こんにちは Mayです。

腰痛改善バイブルへようこそ!




今回も前回に引き続き、ぎっくり腰がテーマです。
ぎっくり腰になってしまった時の対処法について書きたいと思います。

前回のお話→ ぎっくり腰は魔女の一撃!

ぎっくり腰の応急処置は暖めればいいの?冷やせばいいの?
迷いますよね?

一般的な急性腰痛症(ぎっくり腰)は、炎症による痛みが強いことが多いので、
すぐに痛みを治める、ということは難しいのですが、緩和させる処置はあります。

ぎっくり腰は暖めたほうがよい、冷やした方がよいといろいろ言われていますが、
炎症の痛みを抑え緩和させるためには、なるべく早めに患部を冷やすことが一番です。
そうすると、血管が収縮する為、痛みが和らぎます。

発熱の際に使われる、アイスパック、変容タイプの冷却枕、また、氷嚢や水を
くぐらせた氷を数個ビニール袋に入れたものを用意します。
直接冷やすと皮膚を傷めてしまう恐れがありますので、ハンカチを巻いたり、
タオルを介するなどして、痛めた部分を約10分程冷却します。

外出中の場合は、コンビ二やドラッグストアなどで、氷とハンカチ、
またはタオルを購入するとよいでしょう。
冷湿布や、発熱用冷却シートで、痛みの感覚をやわらげるという手もあります。

人に手伝ってもらったり、這うなどして、安全な場所へ移動し、
横になり安静にします。
どうしても横になれない場合は、壁や安定性のあるものによりかかったりして、
なるべく体の力が抜ける状態にし、安静にしましょう。

今回はぎっくり腰になってしまった時の対処法でしたが、ぎっくり腰にならないに
こしたことはありませんよね。
ぎっくり腰の予防方法についてもまた近いうちに書こうと思います。

↑アップしました。 「ぎっくり腰の予防方法とは?」

今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました!

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいのでよろしくお願いします。



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ぎっくり腰は魔女の一撃!

こんにちは、Mayです。
いかがお過ごしですか?

腰痛改善バイブルへようこそ!





今回はあの、恐ろしいギックリ腰がテーマです。

ぎっくり腰というのは重い物を持った時や、顔を洗おうと中腰になったとき、
くしゃみなどをきっかけとして突然腰に急激な痛みが襲う腰痛のことを言います。
多くは数日から数週間で良くなっていきます。

脊髄の一部を構成する腰椎に、負担がかかって炎症を起こすために起こる
と言われていますが、実はぎっくり腰の確かな原因は良く分かっていません。

重い物を持ち上げる際などに、急に腰を捻る動作によって発症します。
腰がその負荷に耐えられず、何らかの形で身体に支障をきたし、
痛みが生じるようです。

ぎっくり腰はよく使われる言葉ですが、正式な病名ではなく、
急性腰痛症の通称としてよく言われる言葉で、整形外科的には
腰椎捻挫(椎間関節捻挫)と診断されます。


「ぎっくり」という音がその症状を良く表しています。
びびっと電気が走ったようと表現する人もいます。
ぎっくり腰と言っても痛める場所は人によって違ってきますが、
痛めやすい場所の傾向としては腰椎が多いようです。

他には、びっくり腰などとも一部の地方では呼ばれるそうです。
また、北米のほうでは魔女の一撃などとも呼ばれるそうです。
魔女の一撃だなんて、なんとも恐ろしい名前ですが、ギックリ腰を
経験したことのある人には納得のいく名前かもしれませんね、、f^_^;

ぎっくり腰にはなりたくはないですが、ぎっくり腰になってしまった時の
為の応急処置についても書いて行きたいとおもいます。

↑アップしました。 「ぎっくり腰の応急処置は温める?冷やす?」


今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいのでよろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ポチット応援して頂ければ嬉しいです!


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。