カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「未分類 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

腰痛は怒りであるって本当ですか?

こんにちは May です。

腰痛改善バイブルへようこそ!

腰痛改善や原因、緩和、治療法といった腰痛の本は
沢山ありますが、今日はちょっと変わった題名の
本についてのお話です。





『腰痛は〈怒り〉である」という本は、数年前に話題になった
そうですね。 
もうご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
私は知りませんでした(恥)、、

『腰痛は〈怒り〉である 痛みと心の不思議な関係』長谷川 淳史 著 によれば、
腰痛の殆どは「骨や筋肉の異常のせいではなく、
不快な感情との直面を避けるために生じる心身症である」
のだそうです。


続きを読む
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

腰痛と足のしびれが同時に起こると要注意!

こんにちは、May です。

腰痛改善バイブルへようこそ!


腰痛持ちの皆さまの中で、腰の痛みだけでなく、足のしびれまで感じる
ことがあるっていう症状をお持ちの方いらっしゃいませんか?

腰痛と足のしびれの関係ですが、よくある筋肉疲労に関連する
腰痛では足のしびれの症状が、一緒におきることはありません。
ですので、腰痛と足のしびれや痛みが、同時に起っている場合は、
一般的な腰痛より、症状の重い場合が多いそうです。


足の神経が、腰や骨盤から出ている為に腰痛としびれが同時に
起こるのです。
その為、腰椎や椎間板等に、何らかの不具合が生じて、腰付近の
神経が圧迫されると、足がしびれるといった症状が出てくるのです。

同じ腰痛でも 一般的な筋肉疲労型の腰痛と違い、腰痛に足の
しびれが伴うような痛みの場合は、椎間板ヘルニア、脊椎管狭窄症
や分離症等の疾患が、関係している場合が多いそうです。

その為、腰痛に足のシビレが伴う症状は危険な腰痛と言っても
過言ではありません。
腰痛と足のしびれの、両方がある場合は、早急に専門医を受診し、
適切な対処を受けることをお薦めします。

腰痛と足のしびれを我慢して、放っておくと先々長引きますので、
出来るだけ早く、専門医に相談しましょう。


今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいので
よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ポチット応援して頂ければ嬉しいです!


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

世界の腰痛事情

こんにちは、May です。

腰痛改善バイブルへようこそ!




今日は、世界の腰痛事情ということで、
欧州、米国、日本を比べてみました。

腰痛事情は全世界共通なのでしょうか?ウィキペディアでは以下
のようにまとめられています。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
     
腰痛は国・地域によって、特に行政・学会の方針・生活習慣が
異なる場合は顕著に、腰痛の罹患率は異なる。

-欧州-
腰痛の原因は姿勢にあるとの1976年のナッケムソンの指摘以降、
欧州では就労中・家事労働中などの予防策が進み、腰痛患者が
激減している。有名な予防策の一つとしてスーパーなどのレジ作業
なども椅子に座って行うというものがあり、現に実行されているようです。

ちなみに、ナッケムソンとは、腰痛の原因解明と治療に多大な業績を残した、
スウェーデン生まれの整形外科医師。(2006年12月4日没) 
腰痛の原因である腰部に負担のかかる動作と数値を示し、残された課題は
腰部に負担のかかる動作をさせないよう知識を広め予防を働きかけるのが、
整形外科医の行動であると示唆した人。

-米国-
米国における腰痛患者の多くが原因が特定されていないとされている
点について、ナッケムソンは明確に学会の責任を指摘している。
また米国の一部州では腰痛をはじめ医学的によく解っていない病気
などに対し、緩和的措置としてマリファナが処方される例がある
(医療大麻)。ただし連邦法である規制物質法の基では医療使用も
認められていない。


日本-
日本は残念ながら、腰痛が有訴率第一位(もっとも多い症状)であり、
日本人のなんと8割以上が生涯において腰痛を経験している腰痛大国
なのだそうです。
病院では医学とはあまり関わりのない一般的な説明や医師独自の
解釈による説明などがされるものの、実際には腰痛患者の8割は
原因が特定されていなく、多くの方はそのまま放置されている
のが実態だとか。

腰痛大国と呼ばれるほど腰痛を患っている人が沢山いるから、
腰痛治療や腰痛改善の為の研究や、腰痛原因の解明などの研究が
進んでいて、腰痛改善率も高いのかと思えばそうでもないようで、
上のような実態とは非常に残念ですね。


今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいのでよろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ポチット応援して頂ければ嬉しいです!


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

腰痛改善バイブル、腰痛改善に役立つ豆知識集へようこそ!

初めまして! May です。

腰痛持ちの皆様、腰痛改善バイブルへようこそ!






皆さんは腰痛改善の為にどのようなことをされていますか?

腰痛を改善するためにはどうしたら良いか知っていますか?

腰痛はお年寄りの病気だと思われがちですが、最近はコンピュータ の前で、
長時間座ってインターネットをしたり(私がそうです、、、)
ゲームをしたり、同じ姿勢を長時間続けていたり、屋外に出て
運動する事も減った事などが原因で、老若男女、誰にでも起こりえるように
なってしまいました。

一種の現代病と言えるでしょう。

これは必ずしも、姿勢の悪さや運動不足だけが腰痛の原因ではなく、
内臓疾患が腰痛の裏に隠れている場合も多々あるので、ただの腰痛だろうと、
軽くみていると大変な事になります。
また、女性の場合は、妊娠中そして出産後に腰痛になることもあります。

私自身も20代から慢性の腰痛持ちで、日々ネットや本などで腰痛改善方法を
探し歩いています。
腰痛改善方法や、腰痛にまつわるこぼれ話、腰痛改善グッズなど沢山の情報を
目にして、自分用に記録していたのですが、ある日ふとブログかウェブサイトで
この情報を発信すると、腰痛持ちで悩んでいる皆さまとシェアできると
思いつきました!

ということで、

このブログでは、腰痛改善の為の対策や予防、腰痛の緩和方法、
腰痛の豆知識、腰痛改善グッズ、などの腰痛に関連するお役立ち情報を
紹介していきたいと思います。
     

腰痛を改善する食べ物やサプリメント、漢方にアロマ、腰痛なのか
内臓疾患なのか見極めるポイント、腰痛がラクになる姿勢、肥満は腰痛に
なりやすいのか? ぎっくり腰の予防方法?腰痛ストレッチは効果的?
お酒を飲みすぎると腰痛になるのか? 腰の痛みにお勧めの寝方?

などの腰痛のうそ、ほんと 等いろいろな情報を満載しています。
このブログが、腰痛でお悩みの皆さまの腰痛改善バイブル的な存在に
なれば嬉しいです。

このブログは個人のホームページであり、私が知り得た腰痛改善に
役立つ情報を紹介しているにとどまり、記述内容について保証するものでは
ありません。

ご自身の健康問題に関しましては、必ず医師等の専門家に相談して下さいね。


最後までお付き合い頂きありがとうございました♪

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が腰痛改善に効いたよ!
とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!とかありましたら、私のブログで
紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!
私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいのでよろしくお願いします。

ランキングに参加しています。ポチット応援して頂ければ嬉しいです!


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。