スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

排卵時、生理時のひどい腰痛の原因にびっくり!緩和方法はコレ!

こんにちは、Mayです。

腰痛改善バイブルへようこそ!

今回は腰痛と女性ホルモンのお話です。

生理や排卵の時に腰痛になる人は沢山います。
私ももれなく、そのうちの一人です。
生理中はもちろん、生理が始まる数日前ぐらいが
腰痛のピークです。

もともと腰痛もちの人は、生理や排卵時のホルモンバランス等
により腰痛がひどくなると言われています。




女性の方なら、よく聞くふたつのホルモン。
エストロゲン(卵巣ホルモン) と プロゲステロン(黄体ホルモン)、
この有名なホルモンが排卵時、生理前、生理中の腰痛の
原因になっています。

知らなかったのですが、なんと骨盤は生理周期で
開閉しているらしいです。
それも、これらのホルモンの影響で!

骨盤の開閉は妊娠時、出産時だけかと思っていました。 続きを読む
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。