スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

妊婦さんの腰痛の原因はホルモン

こんにちはMayです。

今日も腰痛改善バイブルを読んで頂きありがとうございます。




さて、今日は妊婦さんと腰痛です。私の場合はもともと腰痛持ちなので、
妊婦になりさらに腰の痛みがひどくなり大変でした。。

妊婦さんが腰痛になるという話は有名です。

何故、妊婦さんは腰痛持ちになりやすいのでしょう?
実は 妊婦さんの腰痛の原因は、妊娠に伴うリラキシンという、
ホルモン分泌の影響によるものと言われています。
リラキシンは、骨盤の靭帯を緩ませ、赤ちゃんがスムーズに狭い
骨盤を降りてくることができるように作用します。

靭帯は関節を支えていますが、この靭帯がホルモン分泌により、
骨盤の靭帯が緩むと支えが不安定になり、その周囲の筋肉が硬
く緊張してしまいます。
骨盤周囲や腰部、股関節に関わる関節が不安定になることが、
腰痛の発症の原因と考えられています。

リラキシンは、妊娠初期から分泌されるため、お腹が大きくない
妊娠初期にも、腰痛を起こす可能性があり、つわりの一種とも
いわれています。
骨盤の靭帯が緩み、支えが不安定になり、筋肉が硬く緊張して
いる上に、お腹が大きくなることで重心が変化し、筋肉の疲労を
回復しにくくしたり、関節への負荷が強まり、妊娠が進むにつれ、
腰痛がひどくなったりします。

腰痛の他にも、お尻の痛みや足の付け根、太ももの方へのしびれ
などが出る場合もあります。

妊娠時の腰痛は、なんとホルモンが原因だったとは当時は全然
知りませんでした。

次回は妊娠中の腰痛ストレッチについて書いてみたいと思います。

↑アップしました。 妊娠中の腰痛に効果的なストレッチ

今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました!

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいのでよろしくお願いします。





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。