スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ぎっくり腰の応急処置は暖める?冷やす?

こんにちは Mayです。

腰痛改善バイブルへようこそ!




今回も前回に引き続き、ぎっくり腰がテーマです。
ぎっくり腰になってしまった時の対処法について書きたいと思います。

前回のお話→ ぎっくり腰は魔女の一撃!

ぎっくり腰の応急処置は暖めればいいの?冷やせばいいの?
迷いますよね?

一般的な急性腰痛症(ぎっくり腰)は、炎症による痛みが強いことが多いので、
すぐに痛みを治める、ということは難しいのですが、緩和させる処置はあります。

ぎっくり腰は暖めたほうがよい、冷やした方がよいといろいろ言われていますが、
炎症の痛みを抑え緩和させるためには、なるべく早めに患部を冷やすことが一番です。
そうすると、血管が収縮する為、痛みが和らぎます。

発熱の際に使われる、アイスパック、変容タイプの冷却枕、また、氷嚢や水を
くぐらせた氷を数個ビニール袋に入れたものを用意します。
直接冷やすと皮膚を傷めてしまう恐れがありますので、ハンカチを巻いたり、
タオルを介するなどして、痛めた部分を約10分程冷却します。

外出中の場合は、コンビ二やドラッグストアなどで、氷とハンカチ、
またはタオルを購入するとよいでしょう。
冷湿布や、発熱用冷却シートで、痛みの感覚をやわらげるという手もあります。

人に手伝ってもらったり、這うなどして、安全な場所へ移動し、
横になり安静にします。
どうしても横になれない場合は、壁や安定性のあるものによりかかったりして、
なるべく体の力が抜ける状態にし、安静にしましょう。

今回はぎっくり腰になってしまった時の対処法でしたが、ぎっくり腰にならないに
こしたことはありませんよね。
ぎっくり腰の予防方法についてもまた近いうちに書こうと思います。

↑アップしました。 「ぎっくり腰の予防方法とは?」

今日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました!

皆でいろいろな情報をシェアしたいと思いますので、この方法が
腰痛改善に効いたよ!とか、この腰痛改善グッズなかなかいいよ!
とかありましたら、
私のブログで紹介したいと思いますので、是非、ご連絡下さい!

私自身も腰痛に関する情報をいろいろと知りたいのでよろしくお願いします。



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。